Blogブログ

最新のトレンド、サロン一押しの情報を掲載していきます

マスクを着けたままで美容院って行けるの!?

こんにちはSERAPHのKENです。

今回はお題の通り【マスクを着けたまま美容院って行けるのか?】です。

これは全然OKです。ただやはり制限は出てきます。 様々なメニューの制限はありますがそれって意外と聞かないと分からないし、聞くのもなかなか勇気がいりますよね?そんな悩みを美容院に行く前に教えます!です。

美容院だと様々なメニューがあってメニュー次第ですが説明していきます。《シャンプー・カット・カラー・パーマ・縮毛矯正・ブロー》ざっくりとこんなメニューがあります。

《1.シャンプー》シャンプーは全然つけていただいても構いません。ですがカラーやパーマなどを流すときは外していただくことをお勧めします。薬剤がマスクの耳の紐についてしまってそれを放置してしまうとかぶれたりする原因になるからです。替えのマスクがある場合は、それをお伝えしていただければつけていても問題はありません。カットだけのシャンプーはつけたままでも大丈夫です。濡れはしますのでそちらだけご了承ください。シャンプー中はスタッフもマスクを着けていますし、お客様にはフェイスガーゼをお付けするのでそこまでリスクはないと思います。

《2.カット》これは基本OKです。揉み上げ部分のカットの際は1回外していただくかもしれませんが、その他は問題ありません。なのでシャンプー&カットの際は多少濡れたりはしますが着用OKです。あっ…つけていたらかなり毛が付きます。マスクは意外とコロコロでも取りづらいです。ご了承ください。

《3.カラー》これはつけたままだと揉み上げが塗れません。マスクの替えがあればつけたままでもいけますが、マスクの紐がずれたりするとお顔に薬剤が付いてしまうリスクがありオススメできません。つけていないほうがカラーも綺麗になるし顔に薬剤がつくなどの事故は起きませんので基本的にはマスクNGだと思っていてください。

《4.パーマ》パーマは女性の場合は基本的にNGです。やはり揉み上げ部分が巻けないのと、マスクに薬剤が浸透してしまいますので皮膚のかぶれの原因になってしまいます。男性などで揉み上げ部分が2ブロックなどで刈り上げている方はマスクOKです。

《5.縮毛矯正》これは薬を塗るとき・薬を流すときはNGです。こちらも薬剤を使用するときはおすすめできません。乾かす際はOKでアイロンの際は揉み上げ部分をやるときは1度外していただきます。なので時間のかかるドライ・アイロン時は基本的にOKになります。

《6.ブロー》これはOK。揉み上げ部分は美容師が頑張ればなんとかなります(^^)ただし、男性やショートスタイルの女性はNGです。乾かす際に短い方が揉み上げが浮くとスタイルのバランスが悪くなります。なので短い方は外していただく必要があります。 こんな感じで様々な状況によって着用可能・不可は分かれていきます。

1つ大事なことは耳周りの皮膚はかなり薄いため薬剤でかぶれる危険性は高い部位になります。耳周りがかぶれるとしばらくマスクがつけられなくなりますので薬剤を塗布する際はつけないほうが良いと思います。

 また替えがある場合は美容師の頑張り次第ですのでご相談ください。ただし様々な状況を踏まえて判断いたしますので施術前に担当の美容師と相談してくださいね!?(^^♪

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事